赤羽駅の東口や南口にはたくさんのスナックや居酒屋、ラウンジ、ガールズバー、キャバクラがあり一大歓楽街になっています。
お店の数が多いため求人も豊富。
ナイトワークを始めたい方にピッタリです。

特にキャバクラは店舗数が多く、バリエーションが幅広いので大学生はもちろん、アラサーや主婦、フリーターなど幅広い年齢の女性にとって働きやすい場所なんですね。
このページでは、赤羽のキャバクラバイトがしやすい理由赤羽のキャバクラで働きやすい人をまとめています  

  多くの路線が乗り入れているので顧客が多い

JR赤羽駅には、埼京線や宇都宮線、京浜東北線、高崎線など合計6つの路線が乗り入れしています。
埼玉や方面から都内へと、そして都内から埼玉方面へと移動する方にとって非常に便利な路線です。
都内には多くの事業所や企業があり、連日たくさんの方が通勤・通学のために移動しています。

その要所となるJR赤羽駅の一日の乗降客数は何と約9万3千人。
一位の新宿駅、約77万人には及びませんがかなりの数ですね。
飯田橋駅や浦和駅と同じレベルです。
駅を使う利用者が多いため、駅周辺にも多くの商業施設があるのです。

キャバクラやラウンジ、スナックなどは仕事帰りのサラリーマンにとって憩いの場・オアシス。
毎日たくさんの方が駅を利用していると言う事は、ビジネスチャンスも多いのです。

  キャバクラ店が多く幅広い年齢層に対応

キャバクラで働く女の子は20代前半がメインだと思っていませんか?
もちろん10代後半から20代前半の女の子は採用されやすい傾向がありますが、それが全てではありません。
お店によっては20代後半や30代の女性(アラサー)を重点的に採用してくれるケースもあるのです。

いわゆる熟女キャバクラ『半熟キャバクラ』ですね。
40代や50代の女性であっても容姿端麗で経験豊富であれば採用したい店舗もあります。
今の日本は少子高齢化時代。
昔に比べて若い方が減っており高齢者が多いんです。

顧客の年齢が50~60代になってしまうと、相手が10代後半や20代前半では、どうしてもジェネレーションギャップで楽しめない…と言う方もいるのです。
年齢差が30歳、40歳になると趣味や共通する話題も極端に少なくなってしまいますからね。

そんな高齢の利用者にとって、30代や40代の女性は安心出来る存在です。
「私はもう30代だから、キャバクラで働くのは無理」と諦めず、半熟キャバクラや熟キャバを探すと採用される可能性がグッと高まりますよ。

  朝キャバなら普通のお勤めと同じように働ける

主婦の方は「夜のお仕事は子育てとの両立が困難」なので出来ないと考えている方も少なくないようですね。
ところが最近のキャバクラには『朝キャバ』と呼ばれる店舗があり、それら店舗は早朝6時から開店しています。

お子さんが学校に行っている午前中だけ、キャバクラで働く事も出来るんです。
朝8時、9時に普段着で出勤している姿を見て「これからナイトワークに行く人」と思う人は誰もいないはず。
朝キャバなら周囲の方々から怪しまれずにナイトワークが出来るんです。